幸せと被害者からの卒業

姉の死後から現在までプライバシー侵害

通帳カードの件ずっと続いていたけれど

これは知人の警察関係者がテレビ ラジオの出演以降酷くなっていた

 

今年に入り通帳カードの件が発生し

一つは母のもので

母に関しては通院する病院 デイサービスまで調べ

盗聴に関しては以前続いている

 

このことに関しては届いている人たちには

届いているはずだが

TBSをはじめ説明責任を果たすというのは

民事責任を問うと問わないにしても重要で

 

6 、7年それ以上の苦しみからは

もう被害者として卒業の時が訪れていると感じる

 

誰しも幸せになる権利はあるのだから

 

 

それを知りながら隠蔽に隠蔽を続けてきたことに対して

これまで受けるべき罰上記に関係してきた立場の人へ

そっくりそのままお返しするということ

 

生きながら死んでいるような

そのような苦しみ絶望叫び

そのすべてを

 

被害者から卒業し穏やかに生きていくためにも

罰も覚悟し説明責任を個人に対し

誠意を持って行ってください

この件からずっとこちらは耐えに耐え

事件として大きくならないよう

誠意を持って控えめに対応してきました

 

それは母も含め様々な配慮を考えてのこと

ところが盗聴などエスカレートするばかりで

説明責任すら直接果たされておりません

 

個人の幸せ

被害者からの卒業の時が訪れています

私の誠意を直ぐにでも受け取って

更生してください