立花雪 炎と楽園のアート

災害 戦争… 様々な悲しみ 痛み 苦しみ 作品を通して 精神医療としての可能性を深く感じながら どのように表現すべきか考えさせられます 本人にとっての真実 否定せず聴く事は それぞれの尊厳に関わる これは精神医療においても 患者との関わり方として 考慮される場面が多いと感じます アートや様々な表現に関しても普遍的なもの...

先日7月生まれの知人と過ごしました それぞれが連続誕生日と知り なんだか嬉しくなりました 久しぶりに誰かのためにお誕生日の歌を歌い 人見知りは相変わらずだけど 人懐っこい自分も思い出させてくれました 作品にも しあわせな偶然があります 誕生した作品達はそれぞれ尊い命… 作品と共にしあわせでありますようお祈りいたします...


作品展搬入前 長年暮らしてきた小鳥が旅立ち  翌日搬入が始まりました あおいの羽をモチーフにした 和紙の作品も展示 永遠の中で生きて永遠の中に帰ったと想うと 不思議と生きている気がします 私にたくさんの幸せを運び教えてくれた命 肉親への愛から 小さいものへの愛へ 小さなものの美は愛に 愛情は知識を分け与え 愛おしさから美しさに気付く...